2016.6.10 生後間もない子猫、3匹保護しました。

000s_SN3G3008-3%20(2)

 

みなさん、こんばんは。ミミです。

 

昨晩、生後間もないと思われる子猫を、3匹保護しました。

近くの公園に、お菓子の箱に入れられて、置かれていたそうです。

 

000s_SN3G3006-3

 

まだ目も開いてなく、へその緒もついていました。

 

オーナーの家に届けられた時は、ぐったりしていたので、

獣医さんに往診をお願いしました。

 

心臓の音はしっかりしているそうで、へその緒も取っていただきました。

体重は、なんと・・たったの100gです。

 

000s_SN3G3009-3

 

とにかく、ミルクを飲んでもらわないといけません。

 

000s_SN3G3002-3

 

小さないのちを助けたいと、オーナーの家族も駆けつけ、

ミルクをあげていました。

 

000s_SN3G3007-3

 

哺乳瓶よりこちらの注射器のほうが、飲みやすいみたいです。

 

000s_160610_0619~01%20(1)-3

 

この梅雨の時期に、外に置かれたのですから、

雨で濡れてしまっていたら、いのちはなかったと思います。

 

000s_160610_0621~01-3

 

子猫のお世話は、昼夜を問わず・・必要になります。

 

オーナーは、テンちゃんにはてんかんの薬を、

タマちゃんには、尿結石の薬を飲ませています。

 

夜中に、テンちゃんがてんかんの発作をおこすたび、

追いかけては、・・・押さえてあげています。

 

縁あって、オーナーのところにやってきた猫たちが、

オーナーが願っているように、・・・

みんな元気になってくれますようにと、私も祈っています。

 

000s_SN3G3012-3

 

100gの子たちがきたら、このまっ黒ちゃんたちが、

とても大きく見えます。

 

000s_SN3G3003-3

 

この子たちは、保護された時で500gでしたから、

今はもっと・・大きくなっていると思います。

 

000s_SN3G3015-3

 

昨晩、保護された子たちも、このまっ黒ちゃんたちのように、

元気に成長してもらいたいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ