2016.2.3 また、新しい子です。

0s_SN3G1879-1

 

みなさん、こんにちは。ミミです。

 

昨晩、東京から新しい子がやってきました。

耳の先がたれていて、とても可愛い子です。2~3才だそうです。

 

0s_SN3G1893-1

 

ただ、ご覧のとおりケガをしています。痛々しいです。

優しい方々に保護していただき、しばらく入院していたようです。

 

そして、驚いたことに、猫にとってとても大切な爪が、まったくありません。

人間の勝手な都合で、抜かれてしまったようなのです。

 

この子は、何も話してくれませんが、

さぞかし、つらい思いをしてきたことでしょうね。

 

オーナーも私も、胸が痛みました。

 

0s_SN3G1895-1

 

チャチャは、また新しい子が増えて、興味津々のようです。

 

0s_SN3G1889-1

 

人なつっこく、とてもおとなしい子です。

 

0s_SN3G1890-1

 

疲れているでしょうから、ゆっくり休めばいいと思っていたやさき・・・

 

0s_SN3G1903-1

 

この子が、てんかんの発作を起こしました。

ケージに体をおもいっきりぶつけたりして、可哀そうでした。

 

オーナーがちょうど離れていた時だったので、慌てて呼び戻しました。

オーナーは毛布でくるんで、落ち着かせていました。

 

この子は、自分の手を噛んでいたようです。

 

0s_SN3G1906-1

 

しばらくしたら、落ち着いてきました。

ケージの中が汚れたので、掃除をするために出しました。

 

0s_SN3G1907-1

 

0s_SN3G1908-1

 

この子の痛々しい傷は、もしかしたら、以前に起こしたてんかんの発作で、

できたのかもしれません。

 

0s_SN3G1915-1

 

爪がないので、フローリングの床はすべるようです。

 

0s_SN3G1913-1

 

ゆっくり、そっと・・ふわふわと歩いていました。

 

0s_SN3G1911-1

 

オーナーが、ケージを掃除しているのを、私の隣でじっと見ていました。

 

0s_SN3G1912-1

 

先ほどの発作で、ケージに顔を強くぶつけたので、

鼻のあたまに、新たな傷ができてしまいました。

 

なんとか、てんかんの発作が治まるよう、祈るばかりです。

“2016.2.3 また、新しい子です。”にコメントがあります。

  1. […] 保護された時『2016.2.3 また、新しい子です。』は、 […]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ